もはや時代遅れ?期間工から正社員にならない方が良い3つの理由

こんにちは! エイチャンです!

期間工の方の中には、期間工から正社員になろうとして入社した人も多いかと思います。

実際に僕もいすゞにいた頃は正社員を目指していた時期がありました。

しかしこれからは正社員を目指さないほうが良いと僕は思っています。

今回はその理由を

  • コロナ後の働き方が変わる
  • 期間工の需要が無くなる
  • 45歳黒字リストラ

の3つに分けて紹介していきたいと思います。

コロナ後は働き方が大きく変わる

結論から言うと、コロナ後は自動化が進み人員が大きく削減されます。

これは以前から言われていたことではありますが

5Gの登場により世の中のあらゆる仕事が自動化できると言う話です。

もちろんこの話は自動車業界でも連日話題になっており

5Gで自動運転が実現する日も近いと言われています。

しかしこの自動化の話は自動運転だけではなく

自動車の生産ラインの自動化も急速に進むと僕は思っています。

今まで人の手でしかできなかった仕事が

5Gでドンドン自動化されることによりその作業に割いていた人員が必要なくなるということです。

これに加えてコロナ後は在宅ワークが当たり前になると思います。

これは自動車の生産ラインも例外ではなく

おそらく近い将来、在宅してても生産ラインが稼働できる体制になってると僕は予想してます。

そうなると現在、期間工がやっているような仕事はどんどんなくなっていきます。

無資格未経験で出来るような仕事しかないので当然と言えば当然ですが。

何が言いたいのかと言うと

正社員になっても人員削減の対象になる可能性が高いと言うことです。

特に期間工は無資格未経験で入社する人が多いです。

会社としては、途中から入社した無資格未経験より

すでに入社していて資格も経験もある正社員を残そうとするのではないでしょうか?

ですので今から正社員になってもいずれクビを切られる可能性が高いと僕は思います。

期間工の需要が無くなる

自動化が進み人員が削減されればおのずと期間工の需要もなくなるのは当然です。

期間工はそもそも正社員の技術向上や生産ラインの改善をする時間を作るために雇っているだけです。

だって生産ライン自体は期間工がいなくても正社員だけで回せるだけの人数がいると思いませんか?

なぜラインキーパーやフリーマンが存在するのか考えたことはありますか?

そういうことです。

これから自動化が進み期間工が担当している仕事は全て機械で補えるようになると

期間工ができるような仕事は全て自動化され需要が無くなり、期間工という仕事が消滅する可能性は十分あると思います。

最悪、正社員をエサに自動化までの時間を稼がせて

自動化できたら「正社員の話はやっぱり無しで」と言われるかもしれません。

極端かもしれませんが、あり得ない話ではないと思います。

45歳黒字リストラの可能性

45歳黒字リストラというものを知っていますか?

1年くらい前から言われていますがこれは

企業が黒字でも人員削減や若い人材を育成するために45歳以上の人を早期退職させる

というものです。

簡単に言えば、使えない正社員は45歳までしか会社で雇ってもらえないと言う事です。

これは中小企業の話ではなく、皆さんが知ってるような大企業の話です。

期間工を雇っている会社は大企業しかありません。

ですので期間工から正社員になっても一生安泰とはいかなくなりました。

期間工の中には正社員になることがゴールと思ってる方もいます。

正社員になれば安泰だと。

しかし、これからの時代は正社員でも呆気なくクビを切られます。

正社員になって生き残るには死に物狂いで仕事をしないといけません。

正社員は安泰と思っているヌルい考えを持った人が生き残れるとは僕は思えません。

正社員になっても45歳でクビになるなら正社員になる意味が無いと思いませんか?

まとめ

まとめると期間工から正社員にならないほうがいい理由は

正社員になっても安泰ではなくなったからです。

もちろん正社員になってどんなことをしてでも出世をするという決意があるなら別ですが

正社員は安泰だからなりたい、等の理由で目指しているなら

絶対にやめたほうが良いです。

ハッキリ言って時間のムダです。

期間工はあくまで自分が自立して稼いでいけるようになるために利用するべきです。

期間工から正社員をなんとなく目指している人は今一度、考えてみてください。

     

そんなこと言われても…じゃあどうすりゃいいのさ?

と思っている方には期間工だからこそ今すぐやるべきことをまとめた記事がありますのでぜひ参考にして下さい。