トヨタの復活と三菱自動車の工場閉鎖を見て思う事

こんにちは! エイチャンです!

以前、このようなニュースを目にしました。

トヨタ、8月の国内生産は稼働停止なし 計画の97%まで回復 レクサスは休日出勤で挽回生産

トヨタ自動車は21日、8月の国内生産で稼働停止を行わないと発表した。生産台数は当初計画に対して97%となり、ほぼ計画数値まで回復する予定だ。レクサス車は休日出勤し挽回生産を行う。同社は新型コロナウイルスの影響による世界的な需要減で3月下旬から国内工場で生産調整を行っていたが、約4カ月をかけて当初計画台数まで稼働を戻した格好だ。同社では今後も回復傾向が続くと見込んでいる。

中国や米国の需要回復に加え新型車の販売が好調なことから、8月はほぼ生産調整を行わない。国内生産では6月が延べ133日分、7月が延べ16日分稼働停止したが、8月はゼロとする。これにより生産台数は計画比で6月が約60%、7月が約90%だったが、8月は計画値まで戻す。

一直化するのはコロナ影響で需要が減少している小型バス「コースター」を生産する岐阜車体第2ラインのみとなる。一方、レクサス「UX」などを生産するトヨタ自動車九州第1ライン、同「ES」などを生産する同第2ラインなど、2工場3ラインで延べ6日分休日出勤する。

8月の盆休み期間(8~16日)は予定通り工場は休業する。5、6月に設定していた非稼働日(計6日間)のカレンダー振り替えは9月以降に実施する。

トヨタはほぼ、コロナのダメージを回復したと言っても良いのではないでしょうか?

以前発表された計画では、回復は12月まではかかりそうと言われていましたが

8月に入る前にほぼ回復したとは、流石はトヨタだと心の底から思いました。

一方でこちらの記事ですが…

三菱自動車、岐阜工場閉鎖へ 「パジェロ」生産終了

三菱自動車は子会社のパジェロ製造(岐阜県坂祝町)の乗用車工場を3年以内をめどに閉鎖する。多目的スポーツ車(SUV)「パジェロ」などを生産してきたが、販売低迷で稼働率が落ち込んでいた。輸出向けに続けてきたパジェロの生産を2021年にも終え、三菱自としてパジェロの生産から完全に撤退する。27日に発表する中期経営計画に盛り込む。

三菱自動車はコロナのダメージと元々パジェロの売上が芳しくなかったのか、岐阜工場を閉鎖するとのこと。

これで期間工の選択肢が1つ消えてしまいます。

岐阜工場での勤務経験はありませんが、岡崎の三菱自動車では働いていたことがあるので

三菱関連の工場が閉鎖するのは少し寂しいと思ってしまいます。

・年収450万以上稼げる求人はこちら

トヨタと三菱を見て思ったこと

トヨタの復活と三菱岐阜工場の閉鎖を見て思ったことは

トヨタは常に進化を意識してたから生き残って、三菱は現状維持をしたから工場閉鎖に追いやられたのではないか?

とふと思いました。

現状維持は退化と同じなので

常に前に進む意識を持たないといけない、ということですね。

それは僕らにも言えることで

期間工や派遣工のまま現状維持で生活していては

いずれ三菱自動車のように衰退してしまうということです。

僕は期間工の仕事はあと10年もしないうちに無くなると思っています。

ですので、期間工や派遣工で働いている人たちは現状維持せずに

何かに挑戦したり、勉強をしていかなければならないのです。

「そんなのメンドクサイ!」

「別に今が平気だしそれで良いじゃん」

と思っている方はそのままで良いと思います。

僕は

「今のままではダメだ!」

「現状を何とかしたい!」

と思って働いている方たちに向けてこれからも情報を発信していきますので

よろしくお願いします。

・日勤のみで年収400万以上稼げる求人はこちら

・年収450万以上稼げる求人はこちら