初心者必見!期間工の面接で必ず落ちる3つのこと

こんにちは! エイチャンです!

今回は期間工の面接で必ず落ちてしまう3つのことについて記事にしていきます。

結論から言うと

  1. 年金手帳がない
  2. 借金があると言ってしまう。
  3. 刺青がある

上記の3つの要素が一つでもあれば

面接で合格することはないでしょう。

詳しい解説と対策も加えていきますので

期間工の面接に不安があるかたは

ぜひ参考にしてください。

・年収450万以上稼げる求人はこちら

年金手帳がない

  

年金手帳が無い人なんているの?

そもそも年金手帳は日本国民ならほぼすべての人に発行されるものなため、ほぼすべての方がもらっています。

しかし期間工になろうとする人には様々な事情をかかえた人が大勢います。

ぼくの知り合いにも年金手帳がない人が実際にいましたし

その人があらゆるメーカーの期間工の面接に落ちたところも見てきました。

電話だけで合格することで有名な「三菱自動車」でも入社後に内定が取り消されていました。

ですので年金手帳がない人は

まず年金手帳を再発行するなどの対策をしてから面接に行くようにしてください。

・年収450万以上稼げる求人はこちら

借金があると言ってしまう。

面接のときに高確率で聞かれる質問が「借金はありますか?」です。

なぜこの質問を面接官がするかと言うと

借金をしてる人は従業員間での金銭トラブルを起こしやすいから面接の時点で落とすためです。

もちろん借金をかかえている人が全員そうではないことは分かっていますが

企業からしたらそんなの関係ありません。

社内でのトラブルを避けるために必要なことをしてるだけです。

では借金がある人は面接できないかと言うとそうではありません。

借金があっても期間工として働いてる人はたくさんいます。

対処法は面接のときに「借金はありません!」と自信をもって言い切ることです。

借金があるかどうかなんていちいち調べる企業はありませんし

入社してしまえばこっちのものです。

借金があろうがなかろうが仕事さえできれば良いのですから。

ですので面接で借金のことを聞かれたときは

ハッキリと無いと言って乗り切ってください。

・年収450万以上稼げる求人はこちら

刺青がある

  

刺青があっても仕事がまじめなら問題なくない?

確かにその通りです。

刺青の有無で仕事の質が決まる訳ではないことはじゅうぶん分かってます。

しかしいまだに「刺青=反社会勢力関係者」という線引きがされている企業は多いです。

理由は世間一般の市民(特に日本)は刺青に対して抵抗感がある人が多いからです。

反社会勢力を雇っているなんて知れたら企業イメージが著しく下がってしまいます。

企業は自社のイメージを崩さないために刺青が入ってる人を面接であらかじめ落とすようにしているのです。

仮に合格できても入社直後の身体検査で刺青が入っていることがバレたら

その時点で内定取り消しになります

では刺青が入っている人は面接のときにどうすれば良いのか?

答えは借金の項目と同じで刺青は入っていませんと言い切ってしまうことです。

身体検査のときも隠せる程度(腕に少しだけ入っている等)の小さな刺青ならバレません。

※これくらいならバレることは少ないと思います。

実際に刺青が入ってても期間工で働いてる人はいます。

ただし体全体に入っていたり隠しきれないほど刺青が入ってるならかなり難しいです。

※ここまで入っていたら無理です。

隠しきれないほどの刺青が入ってるけど期間工として働きたい人は

刺青を消すか諦めるしかありません。

・年収450万以上稼げる求人はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この3つの中で確実に落ちるのは年金手帳がない人です。

借金と刺青はまだごまかせますが

年金手帳はごまかしが効きませんので十分に注意してください。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

この記事がみなさんの参考になってくれれば幸いです。

それではまた次回!

・日勤のみで年収400万以上稼げる求人はこちら

・年収450万以上稼げる求人はこちら